深い信頼関係

ドッグフードの保存方法

犬を飼っているご家庭であれば、誰しも愛犬の主食となるドッグフードを購入するでしょう。
購入してから愛犬に与えるときには、当然封を開けることになるわけですが、その後の保存はきちんと行っているでしょうか?

ドッグフードと言っても種類は色々と存在しますが、大抵の場合、それなりの量のフードが中に入っていますね。
そのため、一度封を開けたら全部を与え終わるまでしっかりと保存をしておかなければなりません。
ドッグフードも、空気中の水分を含んでしまったりすればどんどん傷んでしまうものだからです。
傷んでしまっているフードを愛犬に与えるというのは、飼い主として絶対に避けたいことと言えます。

しかし、正しいドッグフードの保存方法を知っているかというと、自信満々に首を縦に振ることができない…という方も少なくないのではないでしょうか。
そこで、ドッグフードの正しい保存方法についてをご紹介していきたいと思います。
愛犬のためにも、フードの傷みをなるべく防いで、新鮮な状態のものを与えられるように努めていきましょう。

まず、気をつけていただきたいのが直射日光を避けて保管することです。
温度が高すぎる場所や湿度が高すぎる部屋に置いておくことも避けたいところ。
高温や高湿の状況下での保管は未開封のものでもフードを傷ませてしまう結果に繋がりかねません。

また、高温がダメだからといって冷蔵庫に入れるのもあまりお勧めできません。
冷蔵庫の場合、湿度は低く温度も低いので一見最高な条件であるように思えますが、実は結露などの被害によってカビにつながってしまう可能性が高いのです。

保管するためにドッグフード用のフードストッカーなどを利用する場合には、しっかりと密閉できるものを選ぶようにしましょう。
できれば、フードストッカーにドッグフードを直接入れてしまうのではなく、パッケージに入ったままの状態で入れておくのがベストです。
こうすることで、より湿気による酸化を防げるでしょう。

このように、ドッグフードの保存方法には気をつけるべき点が様々存在します。
今ではジッパーが付いているタイプのものも販売されているため、そういう機能を使って保存するのもオススメです。
愛犬のためにも、フードが傷まないようにしっかりとした保存を徹底していきましょう。