深い信頼関係

無添加で我が家の愛犬も安心

あなたは、ドッグフードに含まれている添加物について、考えてみたことはありませんか?

人間の社会では、食べ物をより長持ちしやすいようにすることなどを目的に、様々な添加物を加えることが当然となっています。
塩漬けや燻製などでもちを良くさせることもあれば、保存料や着色料を使用する場合もありますね。
このような添加物の使用は、一般的なドッグフードにもされていることが普通となっています。
栄養のバランスを考えた上で栄養添加物が加えられる場合もありますが、品質を保つための保存料などの添加物がなされているものも少なくありません。

このように、私たちの日常生活ではほとんど当たり前となっている添加物ですが、やはりそれが犬たちにとって良いものであるかというと、必ずしもそうとは言い切れないでしょう。
栄養添加物が加えられている場合に関しては、犬たちに必要不可欠な栄養素を補うためであるため、特に害があるというわけではありません。
しかし、フレーバーを出すためや品質を保つために使われる添加物の中には、犬にとっては良くないものもあるかもしれないのです。

ちなみに、添加物を使っている場合は、基本的にドッグフードの袋にそのことを記載しなければならないという義務があります。
また、使う添加物についても、使って良いものといけないものとできちんと制限が設けられていると言われています。
しかし、実際のところ、添加物を使っているのになんの記載もされていないドッグフードなども少なくありません。
これでは、愛犬の健康を考えると不安が残ってしまうものですよね。

そこで注目されているのが、無添加のドッグフードです。
無添加のドッグフードとは、その名の通り添加物が極力使用されていない・あるいは完全無添加のもののことをいいます。
科学的な添加物が使用されているとなると、どうしても愛犬の健康面において不安になってしまいますよね。
しかし、無添加のドッグフードということであれば、添加物についての心配をすることなく、健康な食事を愛犬に与えることが出来るでしょう。