深い信頼関係

犬の一日の食事量

愛犬の1日の食事の量について、皆さんは気をつけているでしょうか?
犬にもやはり1日に与える食事量の目安というものが存在しています。
その量を大幅にオーバーしてしまうと、食べ過ぎによる肥満の原因となりかねませんし、反対に少なすぎれば栄養失調などに繋がりかねません。

そこで愛犬の食事量には気をつけながら毎日フードを与えていきたいところですね。
犬は成長している段階によって食事の量も変わってくるものですから、まずはどの段階でどのくらいの食事量が必要であるかをしっかりと把握しましょう。

誕生したばかりから乳歯が生え始めるまでの子犬はミルクのみを与えます。
この場合、母乳がないのであれば、市販されている仔犬用のミルクを購入し、与えましょう。

大体1ヶ月頃になってくると、乳歯が生えてきます。
こうなったら離乳食にシフトチェンジです。
1日あたりに与える回数は4回ほどとなります。
ちなみに、離乳食は基本的に暖かい湯やミルクでふやかして与えることになりますが、この時誤って熱すぎるものを与えないように注意が必要です。

さて、2ヶ月を過ぎた頃には少しずつ離乳食から子犬用のフードへと変えていく段階に入ります。
この頃に、食事の回数を1日あたり4回から3回に減らしていくと良いでしょう。
目安としては生後4ヶ月頃までに硬いフードが食べられるようになることです。

4ヶ月になったら、子犬用フードを1日3回に分けて与えていきましょう。
この頃から子犬は成長期に入りますから、栄養をたっぷり摂れるように気をつけてください。

その後、8ヶ月を過ぎた頃には成犬用のフードへ変えていくようにします。
この頃に、1日あたり与える回数も3回から2回へと変えていきましょう。
もちろん、突然変えてしまうのではよくありませんので、少しずつ変えていくようにしてくださいね。

ここまできたら、あとは1日2回で食事を与えていけばOKです。
ちなみに、与える量についてですが、これは与えているドッグフードの袋に記載されている量を参考にするとよいでしょう。