深い信頼関係

犬に与えてはいけないもの

犬は基本的に雑食な生き物なので、特に好き嫌いすることなくなんでも食べてくれる動物です。
そのため、可愛い愛犬についつい色々なものを与えてしまうという飼い主さんは少なくないでしょう。

しかし、そんな雑食と言われている犬たちにも、実は絶対に食べさせてはいけないとされている食材がいくつか存在しているのです。
そのような食材を誤って与えてしまうと、最悪の場合死に至る結果に繋がってしまいかねません。
可愛い愛犬の健康のためにも、与えてはいけない食べ物について、しっかりと知識を叩き込んでおきましょう。

まず、犬に与えてはいけないもので最も有名なものといえば、ネギ類ですよね。
玉ねぎや長ネギはもちろんのこと、にんにくやニラ、にんにくの芽などもNGとされています。
これらの食材を与えてしまうと、犬はネギに対しての中毒症状を起こし、死亡してしまうケースもあるようです。

また、チョコレートも犬には悪い影響を与えやすいということで有名となってきています。
チョコレートにはテオブロミンと呼ばれる物質が含まれているのですが、これが体内に入ると心臓や中枢神経などに対し大変よくない影響を与えてしまうことになります。

また、食べたあとに消化器官に刺さってしまう恐れがあると言われている鳥の骨や魚の骨なども、与えてはいけない食べ物として定められているようです。
その他、香辛料などを使いすぎるのも下痢を起こしてしまう結果につながりかねないので注意しましょう。

このように、犬に食べ物を与える際には、その食べ物が犬に与えてはいけないものではないかどうかを十分に考えなければならないと言えます。
与えてはいけない食べ物のほとんどは、最悪の場合愛犬のことを死に至らしめてしまう可能性も否めません。
そのような結果となっては、飼い主として全くいたたまれない気持ちでいっぱいになってしまいますよね。

愛犬といつまでも幸せに暮らせるように。
今からでも、与える食事についてを一度見直してみてはいかがでしょうか?