深い信頼関係

犬が不足しがちな栄養素とは

人間にも栄養基準というものが存在しますが、ペットたちにも存在していることはご存知でしたでしょうか?
私たちの場合は基本的に厚生労働省から出されている基準を基本として考えていきますよね。

一方、ペットたちの場合に基本とすることになるのは、「AAFCO」とうものだそうです。
これ、アメリカ政府機関の一つとされており、年々改訂を繰り返しながら定められていると言われています。

このようなペットの栄養基準では、犬や猫たちが健康に過ごしていくためにはどんな栄養素がどれほど必要であるかを詳細に示しています。
これをチェックしておくことで、犬たちに必要最低限とされている栄養素がどのようなものであるかをチェックすることができますね。
また、一部の栄養素だけを過剰摂取してしまうとどのような健康障害につながるのか、なども判断することが可能です。

しかし、このように必要不可欠な栄養素がどれだけであるかが分かっていても、なかなかその栄養素を必要な量だけバランスよく与えていくというのは難しいものがあります。
栄養素をしっかりと含んだ食事をさせてあげられるように…と、自分で手作りのドッグフードを作ってみたところで、必ずしもバランスよく栄養素を含ませた食事をとらせてあげられるかというと、決してそうではありませんね。

ちなみに、特に犬たちが不足しやすいと言われているのはどのような栄養素でしょうか。
基本的には、ミネラルやカルシウムなどが犬たちに不足してしまいやすいとされています。
そのため、自作のドッグフードを作る時はもちろん、販売されているフードを購入する場合にも、この二つの栄養素については十分に気をつけるようにしていきましょう。

どうしても市販のドッグフードでは、犬にとっては害になりかねない炭水化物が多量に含まれていたりとバランスが悪くなってしまいがちです。
そのため、今はバランスなどをよく考えられたフードや、手作りのドッグフードが注目されてきています。
愛犬の健康維持のためにも、ドッグフードにはとにかくこだわっていきたいものですね。