深い信頼関係

犬の味覚を知ろう

犬を飼っているみなさん、可愛い愛犬の味覚がどのようになっているのか、考えたことはありませんか?
犬の味覚がどうなっているのかについて、知らない人は少なくありません。
でも、せっかくなら可愛い家族の一員である愛犬のこと、できる限り知っておきたいと思いますよね。
それでは、愛犬の味覚がどのようになっているのかを、簡単にお話していきたいと思います。

人間の場合、食べ物を舌で味わうことによって様々な味を感知することができます。
甘い味、しょっぱい味、すっぱい味、苦い味、塩辛い味…などなど。
感じることが出来る味覚の幅は非常に広いですよね。

しかし、犬はどうでしょうか?
人間と同じように味覚を幅広く感じることができるのかというと、決してそんなことはありません。
数字で表すのであれば、犬が味覚を感知するために舌に備わっている細胞の数は、なんと人間の細胞数の6分の1程度と言われています。
人間と比べると、いかに味覚を感じる幅が狭いのかがよく分かっていただけるでしょう。

しかし、犬は様々な味覚の中でも唯一甘味だけには敏感であるとされているようです。
みなさんの愛犬はさつまいもなどの甘みのある野菜を好んで食べたりすることはありませんか?
このように基本的に犬が甘い食べ物を好みやすいのは、このような理由があるためと言われています。

このように、犬は基本的に甘味以外の味には鈍いということが言えますね。
そのため、普段与えるドッグフードや缶詰、おやつなどに何らかの味を付ける必要は全くありません。
どんなに人間にとってうまいと感じる味付けをしていたとしても、犬にとっては甘味以外はほとんど区別を付けることはできないのですから…。

このように、犬の味覚はあまり発達しているものではないということが言えます。
変に人間好みの塩味などをつけてしまうと、愛犬には塩気が強すぎる結果となってしまいかねません。
それが腎臓への負担を大きくするなどして、ゆくゆく病気につながってしまう可能性も否めないでしょう。
愛犬のためにも、食事に味付けをしたりすることは控えるようにしていきたいですね。