深い信頼関係

犬と猫とで食事はどう違う?

今や犬も猫もペットとしては大変人気がありますね。
中には両方とも飼っているという方もいらっしゃるでしょう。
犬と猫は全く違うようで似ている部分も多い生き物です。
そのため、当然ですが食事についての違いなどを意識しておく必要があります。

それでは、具体的に犬と猫の間にはどのような食事の違いが存在するのでしょうか。
ここでは、双方の異なる食性についてをお話していきたいと思います。

犬は肉が好き、猫は魚介類が好き、なんてイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?
しかし、実際のところ、犬は雑食と言われており、猫は肉食性と言われているのです。

まず、犬は大昔から人間と共存して生きてきました。
そのため、人の食べ物などに触れることも多く、雑食であるようになったと言われているようです。

一方、猫はというと犬ほど人間と親密な関係を築いていたわけではありません。
そのため、人間の食べ物に触れる機会も少なく、従来の肉食性を持ったまま今に至るのでしょう。

こうした食事の違いがあるため、犬と猫の消化能力などは全く異なっていると言われています。
消化器官の長さは当然、雑食である犬の方が長いですし、消化吸収の能力も発達しているわけです。

しかし、猫の方はというと肉食であるがゆえに消化器官は短く、消化吸収の機能も犬ほど優れてはいません。
基本的に脂質やタンパク質の消化吸収は効率的に行えますが、炭水化物や糖などは消化吸収しづらくなっています。
このため、猫の場合は不慣れな食べ物を与えてしまうことによって下痢などに繋がる可能性も高くなるのです。

また、犬と猫とでは食事を与える回数にも違いがあるため、注意が必要です。
基本的に犬の場合、元々食いだめをするという習性があるため、1日に与える回数は1回か2回程度で十分と言われています。
しかし、猫の場合は元々1日に何度も食べるという習性があるため、食事の回数は3回~4回程度にするのが基本のようです。

このように、犬と猫には食事の面で全く異なる面が見られます。
お互いの習性などをよく把握して、体に負担とならないような食事を心がけましょう。